むらこらむ

仕事も遊びも、日常に彩りを。

アクティビティ

スノーボード│初心者が買っておくべきアイテムとそうでないもの

投稿日:2020年12月22日 更新日:

こんにちは、もいもいです。

本日はスノボー初心者の方へ、行く前に気を付けたい何を揃えておくべきか?について話します。

デザインや着用感、値段やレンタルの豊富さ、飽きたときのリスクなど諸々考慮しながら考察していきます。

買うべきものと借りるもの

スノーボードのアイテムと言えば大体以下のようなものが挙げられます。

  • ウエア(上下、インナー、靴下)
  • ニット帽
  • ゴーグル
  • ブーツ
  • ボード
  • バインディング(ビンディングとも呼ばれます。ボードとブーツを固定するものです
  • その他

もちろんスノーボードが好きになってこだわりが出てきたら全て揃えたほうがいいです。

しかし、特に滑りやすさという面ではある程度経験をしなければ、自分に合った好みのアイテムもなかなか思いつかないものです。

さらに、スノボーのグッズはとにかくかさばり、重く、持ち運びが大変になります。

そこでお勧めしたいのがボードはある程度慣れてから買う、ということです。

ボードは現地(ゲレンデや周辺のショップ)でレンタルできますし、借りる方も多いため貸出している種類も豊富に揃えられていることが多いので好きなデザインを選べられます。

ボードにはバインディングがセットでレンタルされていますので、バインディング自体も買う必要はありません。

新たにアイテムを買うとなったときにこだわりのものを買うといいでしょう。

逆に、買っていった方が良いものとしてはウエア、ニット帽、ゴーグルが挙げられます。

これらに共通することは見た目がはっきり変わる、レンタルがダサいケースが多いということです。

特にウエアはスノボーに行くなら絶対こだわりたいところです。常に着用するもので、ゲレンデに出ると周りはおしゃれなウエアを着て楽しんでいます。その中でレンタルを着ていると結構目立ちます。

レンタルは使い古しが多く、デザインも昔ながらの一色ものや古いデザインのジャージのようなものが多く、おしゃれなウエアを着たいという方はなかなかレンタルでは満足いかないでしょう。

せっかくゲレンデでの非日常を楽しみたいのなら、好きなデザインのウエアを買って、滑走中もフードコートでの休憩中も、見られても恥ずかしいと思わないお気に入りを着て行って下さい。きっと初めてのスノーボードがより楽しめることと思います。

加えてレンタルウエアはきちんと防水対策をされてはいるものの、古いせいか雪が染みてしまい身体が冷えてしまいやすいというデメリットもあります。ファッションだけでなく、身体を保護するという意味でもやはり購入をお勧めいたします。

ニット帽も同様にレンタルではデザインが古く、購入した方がいいでしょう。一品だと安いですし、日常のファッションで着用するようなものでも問題ございません。

ゴーグルについては諸説ありますが、こちらも比較的安価なものは多く流通していますし、特に視界はスノーボードを楽しむうえではとても大切な要素になりますので、是非ご自身に合う、デザイン性も良いものを買っていくといいでしょう。

ゲレンデでは降雪や、冷風で涙が出るなどして視界不良になることが多々あります。視界が悪いと滑走の練習になりませんし、他者を巻き込んだ事故も起こしかねませんので、見え方や着用感などを少し気にしてレンタルは避けた方がいいでしょう。

ここで選択が分かれるのがブーツです。

ブーツは靴と一緒でサイズや着用感が人によってかなり変わってきます。レンタルも多様に揃えられていることが多いですが、デザインの古さもありながら、やはり着用感の良いレンタルを探すのはかなり困難です。

ブーツの着用は結構大変で、多くのレンタル品を片っ端から試す、といったことは現実的ではありません。

かつ、フィットしないブーツで滑走すると足がすぐに痛くなり練習にならなくなることもあります。マイブーツを持っている人でも、靴下の厚みや紐の結び方でフィットせずに筋肉疲労や滑走感の悪さに繋がることが珍しくありません。

他人が着用したブーツには衛生的、心理的に抵抗がある。という方も多いと思うので個人的には購入をお勧めしたいです。

しかし、ブーツはそれなりに値段も高いですし荷物にもなります。

数回使ったデザインの良いウエアであれば、中古として売ったり友達に譲っても喜ばれるかと思いますが、ブーツとなるとそれも難しいでしょう。

そのため買うメリットは相当あるものの、もしスノボーを好きにならなかった時はそれなりに損しますので、こちらはご自身で判断いただければと思います。

必須ではないですがあるといいものとして小さなポーチが挙げられます。

ゲレンデでも安価に販売されていることが多いですが、財布代わりにお金を入れたり、リフト券をしまったり、小物を入れるには大変重宝します。

ウエアのポケットもありますが、雪が染みてお札が濡れたり、濡れないまでもしわしわになったりしてしまいます。小さなリュックを身に付けて滑る中~上級者もたくさんいらっしゃいますが、初心者は荷物の重みでバランスをとるのが難しく、上手くターンするときに気になってしまうかも知れません。

初心者のうちは小さなポーチを持って行く、もしくは現地購入するとよいでしょう。

 

まとめ

以上が揃えるべきものとそうでないものになります。

もちろんゲレンデのなかにはレンタル品を強化して集客を増やそうとしているところをございますので一概には言えません。

しかし、どんなにゲレンデのサイト情報が充実していたとしてもやはり、身に付けるものは行ってみないと分かりません

現地でいいものを探す手間はなかなかのもので、友達と行く場合はかなり時間を待たせてしまうこともよくあります。

そして実際に行ってみていい物と出会えなかった時のテンションの落ち込みは1日続きます(笑)。

そのため一気にすべてを揃える必要はないですが、ある程度目立つアイテムについては購入していく方が安全でしょう。

-アクティビティ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

シーズンインすぐに滑れるおすすめゲレンデ「夏油高原スキー場」

みなさん、こんにちは。 色々あった2020年ですが、いよいよ冬到来です。12月中旬になり寒波が訪れ、とうとう各所で大雪というニュースが流れています。 昨シーズンは全国的な雪不足で多くのスキーヤー・スノ…

続きを読む

糖質制限│ローカーボ生活の注意点

近年話題の「糖質制限(低炭水化物・ローカーボ)」ダイエットについての注意点を紹介したいと思います。 一般的な食事制限と比較して食べられるものや量の多い糖質制限ですが、そのやりかたを誤ると体調不良にも繋…

続きを読む

スノボー初心者必見│上手くなるにはゲレンデ選びが重要!

今年もスノボーシーズン到来です。 今年から始めるという方もいらっしゃると思いますが、スノーボードは足が固定されていることもあり、いきなり滑れるようにはなかなかなりません。 転ぶと思ったより痛いですし、…

続きを読む

ダイエット│習慣化するための5つの方法

本日はダイエットを習慣化するための方法をご紹介します。 ダイエットの目的は様々かと思いますが、共通課題として挙げられるのが「継続するのが大変」ということです。 ダイエットそのものの手法は様々ですが、運…

続きを読む

気分転換│アクティブレストのすすめ

こんにちは。もいもいです。 コロナ禍での在宅生活ももう9か月目となりました。 リモートワークで十分機能することから私も在宅勤務を続けています。 私の自宅には仕事机がなく、普段はソファーに座りながらPC…

続きを読む

プロフィール

もいもい

東京在住、経営企画ガチ勢×健全な遊び人もいもいです。仕事と遊びに心血注いだ結果得た知識やスキル、情報を発信していきます!!